読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済人

経済やウェブやゲームなど、気になることを書いていくつもりです。

「出会い」がこれから大きな産業になるのではないかという予感

もう新学期ですね。

みなさまはお変わりないでしょうか?

自分のほうはだいぶ変わって、最近はマッチング系のサービスの会社と仕事しています。

f:id:keizaijin:20170418195925j:plain

マッチングサービスとは?

昔は「出会い系サイト」みたいなものが流行りましたよね。
ろくでもない男とろくでもない女がくっついてガチャガチャやるようなサイトです。

架空の美少女で釣って、チャットで男にお金を支払わせる「サクラ」が職業になるくらい、裏の世界では賑わっていました。

現在の、「出会い系」ではなく「マッチング」と言われるようになったサービスは、そのようなものとは違って、普通に男女が会えるようなものになっているのですね。

Facebookや女性誌など、女性がよく見るような媒体で広告を出して、普通の女性が普通に使っているレベルです。

普通の女性が使えば、彼女たちと会いたい普通の男性も使うわけで、まあ一大産業になるわけです。

例えば以下のようなデータを見てください。

5 facts about online dating | Pew Research Center

日本より進んでいるアメリカは、よりネットでの出会いが当たり前のものになっています。

まあよく考えれば、バイトで出会うのも仕事で出会うのもネットで出会うもの、そんなに変わらないですよね。

すでにマッチングはレッドオーシャン

ブログのタイトルに「出会いがこれから大きな産業になる」と書きましたが、すでになってます。ていうか、現状でかなりのレッドオーシャンです。

もう色んな会社が参入しているし、すでに大手は強いですね。

ただ、これから色々とやりようはあると思っていますよ。まだ解決していない課題ばっかりですからね。

恋愛市場の男女差が露骨に出る

ちなみに、ほとんどのマッチングサービスでは、女性は無料で、男性が月額4000円くらい払います。

サービス運営側からすれば、女性は来てもらえるだけでありがたくて、供給過多である男性に金を出させようとするのですね。

この「差」を考えるのであれば、男性が女性に食事代をおごることくらい、当然かもしれないですね。

男女平等思想によって「男」と「女」から自由になったはずの我々ですが、自由になったことで、より明確な形で「男女差」を突きつけられたみたいですね。

他の「街コン」などのサービスにしても、女性はものすごく安くて、男性は高いですからね。まあそんなもんです。

マッチングアプリには「運命」が足りない

日本でまだそこまでネットでの出会いが流行らない理由って、やっぱり、何かしら運命的な出会いをみんなが求めてるからだと思うんですよね。

ネットで自主的に異性を探すと「運命」ではなく、たまたま同じ学校とかサークルだったら「運命」がある、みたいな。

だから、これからのマッチングサービスは、人々がネットでの出会いに「運命」を感じられるようになる演出が必要だと思いますよ。

そういうところに、私はチャンスがあると思っています。

まあ、そんな感じで現状報告です。

暖かくなってきましたが、季節の変わり目は風邪をひきやすいので、みなさまお気をつけくださいませ。

アイドルにハマる高学歴中年。乃木坂の齋藤飛鳥にハマってしまった

最近は仕事があまり上手く行きませんね。

まあ人生こういうことはよくあるのだと思います。

ただ、妻と子供との関係もあまり良くなく、孤独な日々を送っています。


以前、地方アイドル(ひめキュンという名前だったか?)にハマって、金はともかく、膨大な時間をアイドル活動に費やしてる仕事仲間を見て、「一体何をやってるんだコイツは?」と思ったものですが、今なら彼の気持ちがわからなくもないです。

私がハマっているのは「乃木坂46」という大型アイドルグループです。公式サイトはこちらになります。

www.nogizaka46.com


ほんのここ3~4日のことなんですよ。

なんというか、穴に落っこちるようにしてハマってしまったのです。

人が「ハマる」って、こういうことなのかもしれないですね。


私もともと、生田絵梨花さんのような、才気あふれるおもしろ系の方が好きだったのです。


しかし、突然のように恋に落ちてしまいました。

乃木坂の齋藤飛鳥ちゃんに。

YouTube動画を貼りますが、この方です。


www.youtube.com

f:id:keizaijin:20170319134139j:plain


「あしゅ」の愛称で呼ばれていますが、私は恥ずかしくてなかなかそうは呼べませんね。

齋藤飛鳥ちゃんと、フルネームで言っています。



半年ほど前の曲ですが、齋藤飛鳥ちゃんは「裸足でSummer」のセンターをつとめています。

見ていると胸が苦しくなります。



読者のみなさんは、私のことを気持ち悪いと思いますか?
私は自分で自分をそう思います。


性的な感情は一切ありません。娘でもおかしくない年齢ですからね。


ただ、なんというか、醜く、世間に疲れた中年男である私の中にいる「少年」が、再び目を見開いたような……そして、ただ何もできなくて切なくなっているような、そんな心持なのです。


いったいどうすればいいのか……握手券目的で『インフルエンサー』のCDをたくさん買って、なんとしてでも齋藤飛鳥さんと握手しに行くべきか。


Huluで「NOGIBINGO!」のバックナンバーを全部見たり、YouTubeで齋藤飛鳥関連の動画を延々と漁ったりして、ここ数日を費やしていました。


こういうのは、仕事と私生活をまず立て直すべきなんでしょうね。
……それくらいはわかります。

それさえしっかりやっていれば、別にいいじゃないか。おっさんがアイドルにハマったって。
というより、そういうことを意図した商売なんだろう?


まあ、しばらくは、ちょっとブログは更新できないかもしれないですね。

色んなことがある世の中ですが、自分なりに精一杯生きたいです。

乃木坂46の17枚目シングル『インフルエンサー』という曲がとてもカッコよかった

私はアイドルなどには疎い中年ですが、最近見たPVの中では、乃木坂46の『インフルエンサー』という曲がとても良かったです。

YouTubeに公式がアップしているので、よかったら見てみてください。

かなりの高速ダンスで、普段のメンバーと違った印象を感じられるのも、こういう大型アイドルグループの魅力なのかもしれないですね。

振り付けは、「きゃりーぱみゅぱみゅ」などのダンスも指導したSeishiroという方が担当しています。

プロが金も時間もかけて作っていて、オリジナルのAKBを越えそうな勢いがありますね。


すでに人気でAKBを超えつつある乃木坂46

乃木坂46は、AKBの姉妹グループといった位置付けで、2011年の8月に結成されました。
「46」という数字は、「AKB48」より2人少なくても負けない意気込みを……ということで、秋元康が命名したそうです。

乃木坂は、顔面偏差値が高く、既存の熱血アイドルとは違ったオシャレな路線で責めています。

それが功を奏したのか、女性人気も出て、シングルCDの売上やイベントの動員数などで、すでにAKBを超えつつある人気です。今一番アツいアイドルグループと言っても過言でないと思います。

気軽さよりもブランドイメージを意識していて、女性のファッション誌などにもよく登場しています。

個人個人はともかく、グループとして『インフルエンサー』のような質の高いPVも生み出せるので、今後も楽しみですね。


可愛い子ばっかりなのが嬉しい

私は女性を顔で評価しません。特に普段からよく喋る人ほどそうです。
しかし、テレビで見る人は「見てくれ」が良くあって欲しいというのが、正直なところです。

AKBが流行していたときは、みっともない顔したのをテレビ利権で押し出している印象が強くて、正直イライラするときもあるくらいでした。(もちろん平均よりは可愛いですよ。ただ、他の女優などを差し置いてテレビに出ていいのレベルなのか?という疑問を感じてしまいました。)

しかし、乃木坂46なら、いくらテレビに出ても大歓迎です。みんな可愛いのです。

秋元真夏さんのような、握手会のサービス重視のメンバーもいるにはいるのですが、全体的にメンバーは超絶かわいいです。

私のような中年男性の中の隅っこにいる初心な少年を刺激するほどです。(気持ち悪い表現を使って失礼。)


これからは乃木坂がどんどん伸びていきそう

個人レベルでは、まだ宮脇咲良ちゃんや指原莉乃ちゃんのような、大物AKBアイドルが力を持っていると思いますが、グループとしての力は乃木坂が上になっています。

姉妹グループの「欅坂46」も、平手友理奈ちゃんをセンターとする『サイレントマジョリティー』が(色んな意味で)話題になりましたし、YouTubeの再生数もものすごいので、これからどんどん人気になっていきそうです。

まあ、AKBにもがんばって欲しいというのはありますが、やっぱり私も乃木坂推しですね。


私の推しメンは?

私はそこまで詳しくないし、たまたまPVを見て良いと思ったくらいなので、握手会に行きたいとかは思いません。

ただ、強いて言うなら、1期生なら生田絵梨花ちゃん、2期生なら鈴木絢音ちゃん、3期生なら山下美月ちゃんですかね。

まあ、いい歳こいたオッサンがアイドルにハマるというのもかっこ悪いので、今後は自制したいですね。


インフルエンサー(TYPE-A)(DVD付)

インフルエンサー(TYPE-A)(DVD付)

インフルエンサー(TYPE-B)(DVD付)

インフルエンサー(TYPE-B)(DVD付)