読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済人

経済やウェブやゲームなど、気になることを書いていくつもりです。

だからね、「政府」や「経営」なんて人格は存在しないのよ……

キャリア 馬鹿者 世代

やはり、インターネットにはろくでもない大馬鹿者がいますね。

私は以前このような記事を書きました。

氷河期世代の正社員化にまで文句を言い出す馬鹿者どもはどうしようもない - 経済人

それに対し、あまりにも馬鹿なコメントが来たので、しばらくブログの更新すら馬鹿らしくなってしまいました。もちろん、個人的な仕事のほうが忙しくなったというのも大きな要因ですが……。

私のブログに寄せられたコメントを引用します。

id:hobbling 氷河期も正社員化も政府や経営側の都合にすぎない。それに振り回されて苦しんでる人間に対して「文句言うな、ありがたく思え」だと?お前は何様のつもりだ?呪われて地獄へ落ちろ!

まさか自分の意見を発表しただけなのに、「呪われて地獄へ落ちろ」とまで言われてしまうとは思いませんでした。

このid:hobblingという方は、よっぽど世間というものに恨みをお持ちのようです。もちろん、ネットだから好きに喚いて発散してもいいではないか、という考え方があるのは理解しています。
しかし、その宛先が私である以上、お応えしないわけにはいきません。


私は、前回の記事で、「政府」や「経団連」みたいなものが何かしら明確な意識を持って活動しているわけではないという主旨のことを述べました。
つまり、「悪意を持った団体がいて、彼らは自らの利益のために弱者を意図的に虐げている」という世界像は間違っていて、氷河期世代や子育て世代の貧困は、むしろ合成の誤謬の問題だと言うことです。

そして、本当の問題を認識しようとせずに、ただ「地獄へ落ちろ」と吐き捨てるような人間、それに快楽を覚えてしまった人間は、どうしようもないです。

しかし、そのような人間を救おうとすることこそが、福祉の課題だということも認識しています。
いやはや、どうしたものか……。


とりあえず、ネットで悪態しかつけないような人に比べて、政府や企業の方々は何倍も立派にやっていると思いますよ。
たしかに、自己責任論は強者の理屈であり、不遇な人に「もっと頑張れ」と言うのは間違っています。
しかし、そういうのは程度の問題ですからね。
それこそ己の利益のためだけに、何か間違った原則を信奉しようとする人間がインターネットには多いのでしょうね。



念のため、私は何に対しても文句を言うなと主張しているわけではありません。ただ、不当に暴言を吐かれたのでそれにお応えしたまでです。